思わぬ所から歴史を感じる


築80年古民家長屋のリノベーションが始まりました。

これぐらい古いといろんな履歴が建物に刻み込まれています。

今回当然ながら耐震補強も行うのですが、壁を壊している最中にこのようなものが出てきました。

np1

これは土塗壁なのですが、表面に新聞紙が貼ってあります。

古い新聞だということは一目で分かるのですが、良く見てみるとなんと昭和26年の東京新聞の下に昭和8年の報知新聞が!

np2

築80年なので当然なのですが、戦前の新聞がずっと建物の壁の中に隠れていたのです。

古い建物はいろんな出来事を刻み込んでいて、その歴史を想像しながらリノベするのも楽しいものです。