川崎の戸建てリノベーション計画



川崎の高台にある住宅のリノベーション計画がスタートします。
高台に建っているため、傾斜地にコンクリートの高基礎があり、その上に木造在来工法で建てられています。

やはり心配なのは耐震性能と断熱性能です。築40年超えの建物なので耐震補強をすることで安心して住めるかどうか、また、断熱性能をアップすることで快適に住めるかどうかが鍵となってきます。

実際に、お客様が物件を購入する前に我々に声をかけてくださり、一緒に内見に同行してアドバイスさせていただきました。
・希望通りの間取りになるかどうか
・耐震補強で一定の強度になるのかどうか
・その場合予算通りに収まるのかどうか
など、特に中古戸建てを購入する前には不安な要素がたくさんあるかと思いますが、事前に我々が同行することにより少しでも不安を取り除くことが出来たかと思います。
また、耐震診断および補強の助成金制度、耐震基準適合証明書取得による住宅ローン控除など、タイミング良く進めないと使えない制度などもうまく活用することで、リノベーション工事自体により予算を充てられることも説明いたしました。


昭和50年代に建てられた建物は、古さはありますが瀟洒な外観で別荘のようです。また2階からは眼下に広がる街並みが気持ちよいです。
そんな物件を壊して再建築するよりは、リノベーションで趣を残しながらストックとして有効活用していくのが社会的使命でもありますし今回のミッションとなります。

これからプランに入っていきますが、4人家族の新たな住まいとしてどのようになるのか楽しみです。