賃貸でできる簡単リノベーション


デッキと植物
賃貸住宅の場合、たいてい退去時には原状回復が求められることもありますしどの程度長く住むかということもあるので住まいに手を加えようとは思わない方が多いのではないでしょうか。そう言う私も現在の住まいに7年居続けながらもあまり手を加えることはしませんでした。そしてまた今年更新があり引っ越すか迷っていたのですが、なかなか今より良い物件も出てこなさそうなので、引っ越し費用くらいの範囲で何か改善してみようかと考え始め、とりあえず簡単なところでベランダからスタートしました。

デッキを敷く前奥行1mなので洗濯物を干したり植物を置いたりしている程度ですが、とりあえず裸足でも出やすいようにウッドデッキを敷こうと思い色々探したところ、例の北欧から来た大型家具店で激安簡単置くだけデッキがあることを知りました。30cm角のタイル状になったデッキパネルを連結するだけで、その1枚のパネルも樹脂製のベースに小割のアカシア材がビス止めされているためはさみ等でさらに細かく分割できます。ベランダは水を流すために勾配が付いているので、いわゆる市販のスノコだとがたついてしまうのですが、この商品はベースの樹脂が床面に追従するのでそのようなストレスもありません。買ってきて敷いて終わりです。
デッキを敷いた後作業時間にすると10分程度ですが、ベランダの使い勝手はずいぶん変わりましたし見た感じもいくぶんマシになりました。その気になれば寝れます。本当は手摺を塗り直したいところですがここは共用部なので大家さんの腰が上がるまで待つしかありません。

この商品は退去時もばらせば次の住居でも使えるので気軽です。しかも平米2000円程度ということで、実は交通費を入れても5000円以下で済んでしまいました。費用と使い勝手の向上具合からすると十分イノベイティブです。坊主の不信心だったということで、今更ながら少しずつ改善していこうと思います。(柳本)