気配と見通し


<概要>(リノベーション)
場所:千葉県松戸市
面積:床面積72㎡
構造:RC造
※施主設計の事例

ご夫婦とお子様のためのマンションリノベーションです。

ご夫婦は共に建築に携わっており、ご自身で基本計画をまとめたものを弊社が実施図を書き施工するという珍しいパターンで計画が進みました。

全体的な間取りの大きな配置は変わっていないものの、微妙な寸法調整が多く、ほぼフルスケルトンにしてからのスタートとなりました。

元々は3LDKのプランで、平面図をぱっと見てもあまり変わっていないように見えますが、居室部分は全て完全な間仕切りをされていない状態に変更されており、常に家族の気配が感じられるようになっています。

小さなお子様の成長とともに寝る場所や間仕切りが少しずつ変わっていくような計画です。

まずは元のリビングダイニングの360度画像を御覧ください。(マウスで視線が移動します)

このマンションは幅広のベランダからの眺望がよく開放感が魅力です。
しかも南北両面に窓があるため風の抜けも非常に良いです。
元の状態でもその片鱗はそれなりに感じられますが、さらに開放感を強めるために南窓側は東西方向に突き通すというのが今回の計画の骨子になっています。

リビングダイニング

リノベーション後のリビングダイニングです。
奥の窓までが見通せることで明るさと広さの感じ方が大きく変わっています。
また、このような飛び石の窓で眺望を活かすにはカーテンよりブラインドの方が窓同士の連続感を強めやすいです。
10cm弱ですが天井も高くなっております。

プリーツスクリーンを閉める

壁と天井は左官で、入隅のRを大きめに取ることで柔らかい雰囲気になっています。

土間スペース

和室の南側に土間スペースを取ることで外縁のような雰囲気になっています。

土間スペースからの見通し

土間からワークスペースまでを見通すと空間の長さを実感できます。

小上がり

小上がりは床から40cm程度上がっているため、天井を躯体表しにして窮屈さを緩和しています。

小上がりから外を見る

小上がりに座って外を眺めると気持ちの良い緑が感じられます。

小上がりからリビングを見る

リビング側の入り口は躙口のように高さを抑え、リビングから籠もれる感覚を与えています。

小上がりの様子

小上がりの下は奥行きのある引き出しになっています。

キッチン

キッチンのレイアウトは元とほぼ一緒ですが、明るい色に変えることで勝手口からの光の反射が活かされています。
レンジフードは既存のものに塗装しています。

元のキッチンの360度画像です。

デッキとのつながり

ベランダにはウッドデッキを設置して室内との段差を減らしリビングとの一体感を増しています。

デッキ

これだけ長さがあるとウッドデッキの存在感も増し、ベランピングも楽しめそうです。

ワークスペースからの見通し

ワークスペース側からの見通し。
リビングとの仕切りは本棚になっています。

ワークスペースと寝室

ワークスペースと寝室の仕切りはプロジェクターのスクリーンにもなるロールブラインドを採用。

寝室からワークスペース

寝室からワークスペースにかけて、戸境壁に沿って大容量のクローゼットを設けています。

ニッチ

パイプスペース周りの凹凸を利用してニッチを設けています。

玄関

玄関は元々付いてた下駄箱を撤去してカーテンの向こうに玄関収納を設けてすっきりとさせています。

洗面脱衣室

洗面脱衣室はコーリアンのボウル一体型カウンター。ミラー収納は既製品ですが、周囲をタモ材で囲って整えています。