建築屋のデジカメ


この仕事をしていると基本的にカメラは広角が必須です。

室内を出来るだけ1枚の写真で表現しようと思ったら、広角じゃないと全景が分かりません。

更にいろんな場面で使用する機会が出てくるので、複数台持ちは当たり前です。

 

私の場合、

1.普段持ち(鞄にいつも入れてます):RICOH CX4(35mm換算で広角28mm)

良くあるコンデジの多くは35mmなのでこれでも助かってます。若干大きいのですが、安くて高性能なのと、真っ黒なボディが仕事向けです。

ただレンズが暗いのでイマイチ室内では辛い箇所があります。

これを使うケースは画質にはそれほどこだわらないし、フラッシュもバシバシ使ったりしてます。特に耐震診断など床下、屋根裏等撮るには必要です。

あとマクロに強いので使い勝手が良いです。

 

2.三脚までは使わないけど、室内をきれいに撮るとき:

SONY NEX-5+E16mm F2.8 SEL16F28+ワイドコンバージョンレンズ(35mm換算で18mm)

これはお気に入りです。もちろん一眼なので、レンズも交換したりして使用してます。

ミラーレスコンパクト一眼なので軽いし、それなりの写りだし、ガジェットとしても所有欲がくすぐられます。

cx4

まだ試している段階ですが、これを更に「オートHDR」モードで撮影。これだと室内の黒つぶれなど少なくなります。下記で比較してみてください。(絞りを気にしていないのでピンぼけあります)

比較的目で見た物と近い色になります。ただ合成処理しているので好き嫌いがあると思いますが。

<オートHDR撮影>

NEX5-2

<通常撮影>

NEX5

 

3.三脚を使って本格的に撮るとき:

NIKON D90+AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR(35mm換算で24mm)

最近これは滅多に持ち出しません。やっぱり大きいのと重いので。

ただ、このレンズの写り抜群だと思います。本当はもっと広角のレンズが欲しいのですが。

 

広角の写真はゆがんだり周辺が暗くなったりするので、補正が必要になったりします。

なかなか上手な写真は撮れないものです。結局竣工写真などはその道のプロに頼むことになります。

 

あっ、それとiphoneがあった。これは本当にスナップですね。これはこれで便利。

オタクでもないし下手くそだけど、またカメラに関しては書こうかな。