木造戸建てリノベーション 木工事終了


キッチン扉善福寺の戸建てリノベの木工事が完了しました。残りは内装仕上げと外構、設備機器の設置となり、いよいよ大詰めです。上の写真は制作キッチンの作業台部分の扉サンプルと把手のサンプルです。

引戸の鴨居引戸の鴨居下から吊りタイプの引戸の鴨居です。吊り引戸の場合金物が大きいため、合わせて鴨居も大きくなってしまいます。そのままだと少々バランスが悪くなるので、上部を台形に加工して見上げた時のバランスを調整しています。

折戸の把手こちらは折戸の掘込把手です。折戸の把手というのは場所や形状によっては開き方に迷いが生じ、金具に余計な力がかかって寿命が短くなってしまいます。また、廊下などの比較的狭い空間の場合は出っ張りが無い方が良いため、今回は扉を彫り込んだ把手としています。

柱の調整リノベーションの場合、柱が経年変化で少なからず痩せてきているためにそのまま壁を貼ると波打ってしまいます。柱一本ずつに薄い板などを張って不陸を調整するという、大工さんの見えない苦労が隠されています。(柳本)