雪と建物が持つ危険性


由比ガ浜のちょっとホラーな雪だるま
先日の雪の日から数日後のことですが、近所のビルの屋根からの大量の落雪により隣接する集合住宅の窓が数枚割れるという雪の恐ろしさを思い出す事故がありました。幸い怪我人は出なかったようですが落ちた雪の量を見ると窓辺や下に人がいたら命に関わる大事故になっていたかもしれません。

都内にはあまり雪に馴染みのない方も多いと思いますが、雪の多い地域では屋根からの落雪による人身事故というのは少なくありません。最近は勾配屋根になっている商業ビルも増えていて、特に都心部ではそれ程雪に配慮した設計になっていない可能性もあります。落雪は雪が降った直後だけではなく路上の雪があらかた融けた頃にも起きますので大雪の後しばらくは頭上にも注意して下さい。また、建物を所有されている方も何かしら危険性がある場合はロープを張って人(特に子供)が入らないような配慮をするなどの対応をお願いいたします。(柳本)