百合ヶ丘の戸建リノベーション


百合ヶ丘の戸建リノベーションが竣工間近になりました。

割と大掛かりに間取りの変更などを行っていますが、中でも大きく変わったのが2階です。

南斜面の傾斜地の一番高い位置に建つ建物で、1階でも通常よりは日照条件が良いのですが、2階はさらに素晴らしい眺望があり富士山まで見えます。

しかしながら元は下の写真のようにバルコニーなどはなく、個室の窓から景色を楽しめる程度でした。

当初眺望を活かした2階リビング案もありましたが、メインのリビングはあくまで1階となり、少し静かに過ごせるセカンドリビングを2階に設けることとなりました。

最初の写真とほぼ同じ位置から撮ってますが、正面の窓をつぶし、右側はベランダを設けて掃き出し窓で出れるようにしました。

左側の壁は解体して柱だけが残っています。

ベランダに出ると下の写真のような眺望です。

食事ができる程度の大きさにしているので、様々な使い方を楽しめると思います。

このように窓の位置や大きさ、外部空間を含めてだいたんな変更ができるのは戸建てリノベーションならではの醍醐味です。

その他の部分もかなり印象が変わっているので、撮影が楽しみです。(柳本)