築50年超えの木造躯体 練馬区の戸建てリノベーション


戸建てリノベ 解体 スケルトン前回に引き続き練馬区の戸建てリノベのレポートです。

内部の解体がほぼ完了し、築50年超えの貫禄ある構造があらわになりました。

想定通り1階は耐力壁がなく、瓦も乗せながら今までよく頑張ったと思います。

増築された様子や白蟻の被害等もわかり、構造補強の方針もほぼ固まりました。

ちょっと想定外だったのは一部の外壁がトタンの波板だけだったということ…

戸建てリノベ 解体 スケルトンあと数十年頑張ってもらえるようにしっかりと直していきます。