訪問:ベルリン・新ナショナルギャラリー(Neue Nationalgalerie)


Neue Nationalgalerie1968年に竣工したミース・ファン・デル・ローエ設計の新ナショナルギャラリー(Neue Nationalgalerie)です。ベルリンで一つだけ建物を見るというならこれをオススメします。

正方形のプランで、各辺の2本ずつの柱だけで屋根を支えているという極限まで切り詰められた構造が並外れた緊張感と内部空間の自由度を生み出しています。ミース生誕100週年記念切手の図柄にも採用されていることからも彼の代表的な作品といえるでしょう。

Neue Nationalgalerie階段の角度と建物の水平が美しいです

Neue Nationalgalerie柱の細さに対する屋根の厚みが絶妙です

Neue Nationalgalerie直交する梁も正方形を型どります

Neue Nationalgalerieファサード枠のディテール

Neue Nationalgalerie内部から外を見る

Neue Nationalgalerie地下への階段

Neue Nationalgalerie地下から見る階段

Neue Nationalgalerie当然のようにバルセロナ・チェアが似合います

Neue Nationalgalerie回転ドアのディテールも無駄がない

Neue Nationalgalerieハンドル

Neue Nationalgalerie下手な人がやると怒られるたぐいの手摺

近年はコンピューターを駆使した複雑な意匠の建築が乱立してますが、このような建物と比較すると多くは陳腐に見えてしまいます。また、しばらくしたら訪れてみたいものです。(柳本)