杉並のコーポラティブハウス


 hamadayama杉並区の某コーポラティブハウスの現場です。

コーポラティブハウスとは、簡単に言えば、入居する方達で土地購入より前に住民同士の組合を結成し、皆で造り上げていく共同住宅のことです。その為、戸建て住宅みたいに内装(インフィル)を間取りや仕上げ等自分の希望を取り入れることが出来るのです。もちろん分譲マンションを購入するよりは手間はずいぶん掛かります。反対に一般的に費用は抑えられると言われています。

ちなみにこのコーポラティブハウスでは昨年3月に組合結成をし、11月ごろからの着工、現在1階壁躯体あたりを工事していて、今年10月ごろの竣工を目指しています。

我々はここではインフィル設計をしていますが、上記の通り一つ一つオーダーなので新築戸建て並みの手間で同時に複数戸の設計を行うので結構大変でした。今は工事段階に入っているので、内装工事までは比較的落ち着いて入られますが、施工図チェックなどに追われるときも出てきます。

この写真ではかなり狭い敷地だと感じますが、この1階部分は5世帯(メゾネットなので)分の広さです。

完成が楽しみです。(伊達)