<東京> 新築、設計+不動産/施工のエキップなら、ハイグレードマンション、ヴィンテージマンションのリノベーション・リフォームを、物件探しから設計・施工まで一括でお任せいただけます。

私、わが家を買いました。その3 わが家を選ぶ優先順位とは?


私、わが家を買いました。その3です。

 

本日は、

わが家を選ぶ優先順位とは?

について。

 

お住まいを選ぶ時、何を大事にしたいか、

これは、それぞれのご家族によって、内容もその順位も違います。

けれども、お住まい探しではとても大切なこと。

そしてお住まい選びの決め手となる「これだ!!」が組み合わさって、

お住まいとのご縁が結ばれるのかなぁと思っています。

 

・広さ

・利便性

(駅からの徒歩分数)

(職場への乗換回数)

(お子さんの登校のしやすさ)等

・築年数

(耐震性)

(管理状況,修繕積立等について)

・街のイメージ

・眺望,陽あたり,通風

などなど、

 

我々が優先したのは、

・利便性

・築年数

そして、我々の「これだ!!」は、

・ペット可、及びペットの住み心地 でした。

 

広さと利便性というのは、お住まい計画の購入金額が決まっている場合、

相反するところがあります。

同じ金額の場合、

利便性が高いところは、広さが狭くなりがち、

利便性が低いところは、広さが広くとれる。

 

わが家の場合は、主人が、「都心に近くないといやだ!」と

主張がはっきりしていたため、

元々住んでいたところの近辺と職場の近くに、エリアを絞って住まい探しを進めました。

なので、広さについては、

住宅ローン控除が受けられる登記簿面積50平米以上という制限のみという、

なんともシンプルな条件でした。

 

そして、ペット可でペットの住み心地のよい物件であること、

これについては、

私が独身時代に飼いはじめ、今は実家の父が面倒をみてくれている、

柴犬の“くるみ”をいつかは呼び寄せなければならない、ということがあって、

他人さまからは、犬のために家探ししているの?なんて厳しいお声も頂きましたが、

わかってくださる方はきっといらっしゃると思います。

子犬の時に、母犬からもらってくる時に、

母犬が、穏やかでありながらも厳しい瞳で、じっと私を見つめるのです。

きっと、「この子のことを、あなたを信じて託します。」という、

大きな意味を伝えたいのだろうと思って、

責任持って大切にしますと言って、いただいてきました。

ということもありまして、うちの“くるみ”が住みやすいところという条件を、

動物好きの主人も理解してくれて、

それが、わが家の「これだ!!」になったように思います。

 

そして結果、駅徒歩6分、居住部分と同じくらいの広さの専用庭がある、

マンションの1階が、わが家となりました。

住んでみて、専用庭にある花壇の草むしりは、今までなかったので、家事が増えましたが、

小さいながらも花壇にトマトやゴーヤ、花々を植えてみたり、

カエルのケロルがいてくれたりと、楽しい時間が増えました。

くるみも、将来きっと喜んでくれると思います。

ただ住む前からわかってはいたものの、

近くに小さなスーパーしかなくて、

元々、ほとんど宅配スーパーで済ませているので問題はないとはいえ、

そこは少々淋しかったです。

緊急のお買い物については、小さなお子さまがいらっしゃったりすると、

結構、重要度が高くなることかと思いますので、

そこのところの検討は大事かと思います。

 

ここで今まで、私がお客さまと一緒に経験した、「これだ!!」は、

なんだろう?と振り返ってみました。

 

■住みたいエリア,環境

□ワクワクしたリノベーションができそう

□定評のある小学校に通わせたい

□公園の横で緑をいっぱい取り込みたい

□空を広く見通したい

□ルーフテラス,専用庭が欲しい

□このマンション!!に住みたいんだ

□角部屋で開放感を感じたい

という感じでしょうか。

 

■の「住みたいエリア,環境」というのは、

今まで慣れ親しんだ場所、

あるいは、周辺環境をご覧になって、

ここに住みたいという気持ちから来るものかと思います。

その気持ちが強いほど、

お住まいとのご縁がしっかりと結ばれると思います。

□はその次の要素になりますでしょうか、

エキップの場合には、

このワクワクしたリノベーションができそう!が多く見受けられ、

こちらまでが一緒にウキウキしてきます。

 

また、お客さまとお住まい探しをしている中で、

いくつかお住まいを実際に内見することで、

ご家族の優先順位がクリアになってくることも多くあるようで、

どんどんその優先順位をご家族でお話しあい、

塗り替えていくのがオススメです。

そして、わが家の「これだ!!」を探しながら、

お住まいを内見されていくとよいと思っています。

 

それではまた。

山本がお送りしました。

私、わが家を買いました。その6 小規模のマンションか、大規模のマンションか へ
私、わが家を買いました。その5 戸建か、はたまたマンションか へ
私、わが家を買いました。その4 旧耐震か、新耐震か、さらには築25年以内の新耐震か へ
私、わが家を買いました。その2 団信のハードル!? へ
私、わが家を買いました。その1 買うべきか、借りるべきか へ

くるみです。5歳です。